Book No.10440
書名: ひっ飛べ 夢へ
著(訳)者: 平山紘一郎
発行社(者):
印刷所名: 石田印刷
サイズ: A5
ページ数: 120
発行年月: 2019年03月01日
分類: (02)個人誌部門
定価(本体): 定価(本体)600円
<内容紹介>
「1964(昭和39)年東京オリンピックが開催されたとき、私は鹿児島工業高校の3年生。すで民間会社へ就職が内定していたが、オリンピックを見ているうちに心を揺さぶられ、特に、重量挙げとレスリングの日本選手の活躍に血が騒いだ。
 大会が終わると「階級制の競技ならチャンスがある」という挑戦心が芽生えた。就職か挑戦か迷ったが、最終的にスポーツの夢を目指す決心をした。決め手は東京の大学へ進学する幼友達二人の「一緒に東京へ行こう」の言葉だった。
 あてがないまま上京し、アルバイトを経て、1965(昭和40)年、陸上自衛隊へ入隊した。入隊の動機は、給料が もらえてスポーツができそうだったから。二年後、憧れの自衛隊体育学校へ入校し、5年後の1972(昭和47)年、レスリングでミュンヘンオリンピック出場、銀メダリストとなった。次のモントリオール大会にも連続出場し通算2個のメダルを獲得し、夢を果たした。
 一方、クラスメートの外薗茂夫君は、東京オリンピック開会式のブルーインパルスに憧れ、昭和40年3月航空自衛隊に入隊し、ジェットパイロットのウイングマークを胸にしたのち、昭和50年からブルーインパルスチームの一員となり、その後6年半にわたって初代使用機F86Fセイバーの2番機(左翼機)として、航空ショーなどで活躍した。私と外薗君はともに東京オリンピックに啓発され、夢を抱き、多くの試練を乗り越えその夢をかなえ た。半世紀以上前の東京オリンピックの素晴らしさを伝えながら、私や外薗君の体験が、次代を担う若者の挑戦心を少しでも喚起できればと思い、この本を出版させていただいた。」

画面トップへ

Copyright © NPO法人日本自費出版ネットワーク ALL Rights Reserved.