自費出版 書籍データ検索

検索結果:8478件(31〜60件を表示)
[(8421) 14408](ID:14093)
著(訳)者:
たかはしゆみこ
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
右開きは童話「メタセコイアの精メタグランマ」の絵本。左開きは「未来へ伝えたいーメタセコイアは平和の木」で、メタセコイア発見命名者三木茂博士の資料編のリバーシブル本。この絵本がきっかけで、郷土の偉人の功績を伝えるドキュメンタリードラマ「メタセコイア・三木茂博士物語」を制作。没後50年の本年上映予定である。
[(8420) 14407](ID:14092)
著(訳)者:
上野勝幸
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
四年余の歳月と二百万歩の足跡をかけて成就した、歩き遍路旅の物語。四国を数珠のようにつなぐ千古不易の道で抱いた思いを、ジョン・レノン「IMAGIME」の詩と対話する形式でまとめられている。写真やイラストとともに詩情に満ちた文体で構成。現代社会に一考を投じた内容もみられる。著者は少年サッカーの指導者。
[(8419) 14404](ID:14089)
著(訳)者:
株式会社セルモ
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
「多様性を認め合うことの大切さ」を伝えるための絵本です。そのために大切なことは、自分の価値観や社会常識にとらわれずに、相手の幸せについて考えられる「想像力」。本書は、いろんな「どっち?」を選んでいくと同時に、そのどちらでもない第三の答えが用意されています。正しい答えを選ぶことではなく、人が人を想う気持ちや、本当に大事にすべきことについて考え、みんなが幸せになれる答えを導きだすことができる想像力を培います。
[(8418) 14403](ID:14088)
著(訳)者:
柏井良友
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
夫の絵と26年間のノートをまとめた画文集です。絵についてのものを「平面ノート」としました。セザンヌ以後の絵画の表現の可能性を考えていました。「線はどこに引かれるか。いかに引かれるか」「終生、形を求めてゆくには違いない」と。
平面の作家として何ができるかを考えていました。時に哲学的に、また詩的表現を交えて。
[(8417) 14401](ID:14086)
著(訳)者:
でにさくらい
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
いろいろな小噺を1話1~5頁の絵で表現して、各章の間に都都逸を挿んだ絵本
[(8416) 14397](ID:14082)
著(訳)者:
花岡 紅
分類:
(05) 文芸=詩歌部門
内容紹介:
母、花岡紅が「俳誌萬緑」「森の座」にと投句した、平成22年から令和5年までの俳句をまとめたものです。残念ながら、遺句集となりましたが、40年近く俳人として歩んできた母の記念として、句集「柳は緑 花は紅」を出版することができました。親子三人の記念すべき最初で最後の一冊です。
[(8415) 14393](ID:14078)
著(訳)者:
石橋直子
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
学校の「今」を、島根の現役教員が綴ったコラム集。定期的に沸き起こる席替えコール、学食バイキングでの温かい交流、総体出場メンバー選抜前のギスギス感。センター試験前にフェリー欠航の危機!?緊急事態宣言、そのとき島根では……?誰もが懐かしめる学生時代の思い出も、島根ならではエピソードも詰まった一冊です。

「書くことへ私を向かわせた力の一つには、このコンプレックスがあったのかもしれません。隣のクラスでは、同期採用の先生が生徒たちに、ときに面白い話をし、ときに自分の思いを熱... 続きを見る
[(8414) 14392](ID:14077)
著(訳)者:
金田誠
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
長野県の南端で室町時代から続くといわれる豊年予祝の祭り「新野の雪祭り」を6年に渡って取材、写真を通して多くの人に興味を持っていただきたくて撮影を続けました。
小正月、1月14日深夜。屈強な男たちが激しく壁を打ちつけ、大声で「らんじょう、らんじょう」と叫ぶ。大松明に火が点けられると鈴が鳴り、笹の葉が擦れる音が境内を跳び回る。祭りの最高神「幸法(さいほう)」の登場を促しているのです。
厳寒の夜を徹して行われる「新野の雪祭り」。面を付けた神々の化身が次々と舞を披露する、そ... 続きを見る
[(8413) 14390](ID:14075)
著(訳)者:
樋浦知子
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
練馬区に広徳寺という都内でも有数の大きなお寺があります。元々は上野の下谷にあったのですが関東大震災で焼失、現在地に移転しました。広大な敷地には加賀前田家などの大名や徳川将軍の剣道師範柳生宗矩などのお墓が並んでいます。臨済宗大徳寺派なので和尚さんは生涯独身です。海雲和尚さんは、頻発する泥棒除けとして犬を飼いました。柴犬の黙念(もくねん)です。粗相する黙念を叱りつけた日の夜に、黙念は失踪していなくなります。黙念を本当は可愛がっていた和尚さんは、必死に探し回りますが杳として見... 続きを見る
[(8412) 14389](ID:14074)
著(訳)者:
垣見 玄吾
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
10年間のシンガポール駐在、その後10年間の中国駐在での経験から解ることである、現在の中国はシンガポールをモデルとして大躍進したということが言える、その詳細をまとめた。
今、世界で最も注目されている国、インドについても述べた。そのように発展を遂げている国があるにもかかわらず、我が国はほとんど発展しなかった、いわゆる日本には失われた30年であったことを分析して、それについてもまとめた。
ある会社の中国ビジネスの為の教育の教科書としてご購入いただいたり、沢山の方に読んで... 続きを見る
[(8411) 14380](ID:14065)
著(訳)者:
佐々木時雄
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
昭和の中期から末期を舞台に、男性優位の社会の中で、シングルマザーを選んだ女性とその子がたくましくいきてゆく姿を描く。
[(8410) 14358](ID:14043)
著(訳)者:
小林義彦
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
万葉の天才歌人「柿本人麻呂」が没したとされる「石見国」は、『硯』字の偏『石』と旁の『見』を足してこしらえた『石見国』、すなわち虚構である。人麻呂とは和歌の世界における虚像であり、その実像は明日香宮廷で持統女帝を支えた若き天才政治家「藤原不比等」に他ならない。本書は、文化と政治の両輪で飛鳥時代を牽引した人麻呂、不比等という二人の天才が、実は同一人物であったことをさまざまな視座から論証する。
[(8409) 14356](ID:14041)
著(訳)者:
吉田一郎
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
秋、稲の乾燥用の支柱とされた畔の木。日本海側気候地帯に多かったが、北近江の地で圃場整備による消滅までの30年間を追った記録集。四季の佇いだけでなく、人々の暮らしと祈りも見つめた。写真展は5千人超す入場を記録。会場では父母想い涙する人も。学校教材とするため、なぜ消えたのか、日本農業の姿も追った。
[(8408) 14349](ID:14034)
著(訳)者:
三上眞知子
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
子供の頃から犬との暮らしに憧れていて、やっと初めての犬との生活が1年間のパピーウォーカーでした。
巣立った後、1年足らずの訓練を受け盲導犬に。引退するまでの9年間、待ちに待ってやっと我家に帰って来て、引退犬ボランティアを4年半。生まれて46日目から、旅立つまでの15年間をつづりました。
[(8407) 14347](ID:14032)
著(訳)者:
田口武翁
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
日本は仏教国でありながら、仏教の開祖ブッダ(お釈迦様)の一生を著した適当な本が見当たりません。本書はインド仏教の前身バラモン教にも触れ、もがきながらブッダが到達した精神の真髄を明らかにしようと試みました。
[(8406) 14346](ID:14031)
著(訳)者:
江畑雅子
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
共に歴史を学び魅れ合っていた一之と詠子は別々の道を歩む。それぞれ紆余曲折の後結ばれた二人はその高揚感のまま二上山を目指す。途中の宿坊の岩風呂を出た時道に迷い洞窟に入り込みそこで大津皇子に巡り合う。皇子と旅をした後一之の家で己に関する本を読んで皇子は後世での自分に関する評価に苦しむ。やがて別れがくる。
[(8405) 14345](ID:14030)
著(訳)者:
中村セミ 中村憂紀
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
つづくの副タイトルを朗読短編集としたのは、つづくを含めどの作品をとっても朗読で聞いてもらえるからである。
つづくは自己の十七歳から四十歳までの人生の刹那刹那を切りとるように綴ってみた人生の一場面を重ね、小説にしたものである。短編集の方は仮面の語り部憂紀を幾年間した時の中の四編を選んでみた。
[(8404) 14344](ID:14029)
著(訳)者:
金武湾闘争史編集刊行委員会
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
復帰直後の沖縄で、工業地帯開発構想に対し、反公害・反基地・反開発を生活者の視点で闘った住民運動の記録。暮らしを支え、命を育んだ海金武湾、自然への深い畏敬の念が運動の原動力であった。既存の組織・運動論に左右されず一人一人が代表となった住民の草の根の運動の精神は、その後の沖縄の住民運動の原点になり、現在の反基地の運動に継承されている。
付録CD 収録第2集機関誌編(524頁)、第3集新聞集成編(536頁)、第4集裁判編(380頁)
[(8403) 14342](ID:14027)
著(訳)者:
野津功
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
 先に御府内八十八か所をめぐり結願した。その際、いろいろな塚に出会った。玉川上水の水車小屋で使われていた石臼を集めた「石臼塚」、戦時中、禁演落語の台本を埋めた「はなし塚」などなど。塚が建てられた背景には庶民の生活が詰まっていた。先人たちの研究、ネットから得た情報をもとに、すべて現場に足を運び、知り得た、いわば「都内版塚見聞録」です。
[(8402) 14340](ID:14025)
著(訳)者:
こまついくとし
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
76年旅した私の人生の1頁は、すでに昔話・夢のようです。私が知っている昔話や童話も意外に新しく人生の一場面や夢を書き留めたものです。諏訪盆地を範囲として文物を題材として童話・民話・伝承などの様式で創作を基本として事実・史実を脚色したお話を書き留めました。挿絵をつけ子供たちに読み易い一冊にしました。
[(8401) 14339](ID:14024)
著(訳)者:
蕗 童子
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
著者は創作人形作家です。人形のモデルの「アイヌさん」に出会うためにアイヌの旅をしました。文献頼みの時空を越えた歴史旅です。アイヌ文化の誕生から現在に至るまでの旅で、折々に出会った人たちの魂に触れ、思いを膨らませ、人形を完成させていく過程を綴ったものです。
[(8400) 14338](ID:14023)
著(訳)者:
御木平輔
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
ミュージカルは自分を映す鏡であり、時代を映す鏡であると思います。同じ作品でも再演のたびに、新しい発見に驚き、新たな感動を覚えます。その時々に心躍ったものを中心に書き留めてきました。するとまた劇場に足を運びたくなるのです。
拙著は2005年から千葉日報社に今も連載中のコラムを一冊にまとめたものです。
[(8399) 14332](ID:14017)
著(訳)者:
大西嘉一郎
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
中世以降の節句行事の変遷とその内容の研究。今後、五節句の行事を「文化」としてどのように継承していったらいいのかを問いかけます。節句に関連しない伝統工芸はほぼ存在しませんが、そうした業界の方、また、伝統文化、工芸、行事に興味のある方々への内容です。
書名:苔の下道
[(8398) 14326](ID:14011)
著(訳)者:
松井浩一
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
拙著「苔の下道」は、古語と現代語訳で綴った現代の恋愛小説です。古語は和漢混交文以前の平安中期の文体を用いています。源氏物語などの文体です。所々に和歌も織り交ぜておりますので歌物語という形にもなっています。右ページに古文、左ページに現代語訳という構成にして、双方を参照しながら読み進めることが出来ますので、古文の内容もわかりやすくなっております。古語は私たち日本人の母なる言葉、お読みいただいて、なにか懐かしい感覚とともに、古語の美しい調べ、語感を感じていただけたら嬉しいです... 続きを見る
[(8397) 14322](ID:14007)
著(訳)者:
Kisaragi
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
今でもTVで話題にある『自閉スペクトラム症』の息子が通っていた2000年代の多摩ニュータウンの小学校の『特殊学級』はこんなんでした!
と同時に実家の親が70代になった途端に病気しまくりでその都度呼び出されて「参っちまうよ~」の愚痴を日記形式ブログで吐きだしました!(2005年~2010年分のブログを相当圧縮)
[(8396) 14317](ID:14002)
著(訳)者:
谷口千夏
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
わが家やその周りの身近な花を、月ごとに名前の由来・花言葉・暦などを交えて紹介した植物誌です。花や暦に合わせてはり絵や墨彩画を添えたり、豆知識的な小文をコラム風に枠で囲ったりして、楽しく読んでもらえる構成になっています。お花の好きな方はもちろん、いろんな方に気軽に手にとってもらえたらいいなと思います。
[(8395) 14308](ID:13993)
著(訳)者:
原ふたお
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
 本書には、短編の物語十篇が収録されております。それぞれが独立した物語で、現在・過去・未来と時空を超えた変幻自在な内容となっています。共通しているのは、各篇とも囲碁対局の場面があるのですが、囲碁の帰趨が目的ではなく、囲碁をからめた人々の人生の様々な態様を述べています。
 人の生き方を考えるうえで、何らかの興趣を持っていただければ幸いです。囲碁を知らない方でも、十分楽しんでいただけると思いますので、ぜひ一読いただければと期待しているところです。
[(8394) 14302](ID:13987)
著(訳)者:
大森拓郎
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
都市郊外の身近で目にする多くの植物、動物、菌類など700種以上の生き物を、9つの季節に分けて紹介しています。そのなかには、それぞれの名前の由来やエピソード、関連する詩歌や小説、子どもの文化、生き物の歴史・進化や花と昆虫の共生関係などを、1,300余枚の写真とともに具体的に紹介しました。
また、身近な自然にとどまらず、地球温暖化とその対応、生物多様性、外来種増加の問題など、地球環境全般にまで最近情報を織り込みました。
「次世代の子どもたちに引き継ぎたい」との意図から、... 続きを見る
[(8393) 14300](ID:13985)
著(訳)者:
長尾志朗
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
 本書は、古代絵画のひとつ古墳壁画の解読を試みたものです。解読は考古学の担当ですが、ほとんどわかっていません。昨今の考古学は、例えばヤマト王権の伸長について、青銅器祭祀や前方後円墳、埴輪群像などの本質を不問にして立証困難な構想論を展開しています。本書は、そうした風潮に、蟷螂の斧をもって一矢報いようとするものです。
 絵画論のメリットは、論点が誰の目にも見えることで、この図像はどういう意味かという疑問の前では、プロもアマチュアもありません。信頼の程度は別にして、本書は学... 続きを見る
書名:
[(8392) 14295](ID:13980)
著(訳)者:
吉野 幸夫
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
豊臣秀次は近江八幡領主として善政を敷き、名君とされている。世の定説では極悪非道の殺生関白と言われていた秀次の実像はどうなのか? 秀吉と秀次の確執により秀次が切腹し、それが豊臣家の滅亡につながっていく。秀次の恋人、初音は秀次の死を知って、入水自殺を図るが三成に保護され、その後、菫と名を変えて三成を愛するようになる。
秀吉と秀次の間を取り持とうとした石田三成は何とか豊臣家を守ろうとする。秀次の下で三成と共に天下泰平を実現しようとした家康は、秀頼が秀吉の実子でないことを知り... 続きを見る

画面トップへ

Copyright © NPO法人日本自費出版ネットワーク ALL Rights Reserved.