自費出版 書籍データ検索

検索結果:7152件(1〜30件を表示)
[(7114) 11379](ID:11064)
著(訳)者:
山口 信夫
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
”出羽様ご滅亡”江戸では1両も1朱も借りられず、国元では餓死者が続出、
そんな松江藩が僅か15年後に立ち直り、茶の湯の殿様「不昧」さんが世に
出られたのか。
そこには自らを鬼としてらつ腕を発揮した律義者の家老、朝月丹波がいた。
遊び好の殿様を辞めさせ、悪用の藩札を使用停止とし、下級武士968人を
辞めさせ、そして・・・。
[(7113) 11378](ID:11063)
著(訳)者:
山本 友美
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
長崎生まれで一人娘の友美は就職先の福岡で在日韓国人の李卜之(イボクシ)と出会い魅かれる。
結婚を願うが父は卜之が日本に帰化することを条件とする。
一方卜之の叔父は結婚も帰化も猛反対。
何とか結婚にこぎつけるが帰化は先送り。
父の懇願で、長男の入園前に卜之は逡逡巡しながらも帰化し、耕之(コウジ)と改名する。
[(7112) 11372](ID:11057)
著(訳)者:
髙橋 信一
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
15年前から幕末から明治に写された古写真を研究し、風景や人物の写真が何時何処で誰によって何を何故撮影されたのかを明らかにしてフェイスブックで発信しています。本書はそれをまとめた5冊目の本です。私は長崎大学、長崎歴史文化博物館、国際日本文化研究センターなどや、フランス国立図書館、ニューヨーク公共図書館、スミソニアン博物館、アメリカ連邦議会図書館などに行って現物を複写したり、データベースで公開された写真を取り込んだりして、沢山の日本の古写真の画像データを収集しています。その... 続きを見る
[(7111) 11362](ID:11047)
著(訳)者:
鈴木 小すみれ
分類:
(05) 文芸=詩歌部門
内容紹介:
生まれる前の 私の知らない出来事について
この島の者は被害者
海を越えて来た者は加害者
申し合わせたかのように 彼らは私を外へ追いやる
                 「境界」より

海の底に身は投げず、海の彼方へ目を上げて……
                 「楽園」より

陰翳を帯びながら超克の生に向かう凛とした詠い方(帯文:松原敏夫)

本島と離島 本土と沖縄
よく似た縮図
どんな土地に どんな種族に生まれても
人間は人間でしかない... 続きを見る
書名:くろたん
[(7110) 11350](ID:11035)
著(訳)者:
かとりみわ
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
黒猫の子猫くろたんが、お散歩をしていて失敗をしてしまいお母さん猫に叱られ、自分が真っ黒だからお母さんに叱られたと思ったくろたんは、同じような真っ黒なカラスさんにお母さんになってと頼みます。カラスさんと楽しく過ごしたのですが、やっぱりお母さんが大好き。最後に「くろたんのこもりうた」楽譜と歌詞を載せました。子育て中のお母さんお父さんが、子どもさんの名前に変えて子守歌に歌ってもらえたらと考えました。文章のないページは、子どもさんに自由に言葉を考えてもらうページにしました。親子... 続きを見る
[(7109) 11343](ID:11028)
著(訳)者:
東口千津子
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
ハワイの町、文化、自然、人々から学び、自分自身の心と世界に「愛と平和と自由と多様性」の種を蒔くイメージで本をつくりました。ハワイ語、日本語、英語で、各ページのテーマを記しました。それぞれの響きから伝わるニュアンスも感じてもらえると嬉しいです。心惹かれる写真とシンプルなメッセージで、国内外の人々と一緒に「愛と平和と自由と多様性」の文化と風土を育てていきたいと感じています。
[(7108) 11342](ID:11027)
著(訳)者:
東口千津子
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
1991年から1994年まで暮らしたメルボルンの町、文化、自然、人々から学び、自分自身の心と世界に「愛と平和と自由と多様性」の種を蒔くイメージで本をつくりました。心惹かれる場所の写真とシンプルなメッセージで、国内外の皆さんと一緒に「愛と平和と自由と多様性」の文化と風土を育てていきたいと感じています。
[(7107) 11341](ID:11026)
著(訳)者:
Reo
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
天気のいい日も、曇りの日も、雨が降っている日も、風の日も。
新しい一日の始まりに、その日のページをそっとめくってみてください。
ささやかだけれど心地いいエネルギーがあなたに届きますように。
プロフィール☆
自分自身の痛みや悲しみが、希望の光へと変容する素晴らしいプロセスを体験した。
このことにより、他者の痛み悲しみから希望の光を見出し、自己実現のサポートをしている。
福祉大学卒業後、非行少年更生施設の教官を14年間勤め、ホメオパシー、カウンセリング、心理学、... 続きを見る
[(7106) 11338](ID:11023)
著(訳)者:
杉村 健太郎
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
65歳からいきなり、制限時間が国内最短の秋田100Kmマラソンに参加。
加齢との戦いと走力維持して完走した記録を毎年地元紙に投稿した。
これが高齢者から注目支持された。
66歳以上の完走者には「チャレンジ賞」が与えられる。
この賞を獲得できずに無念の引退をした先輩選手とこの賞を獲得できずに毎年苦しむラン仲間に捧げたい。
[(7105) 11337](ID:11022)
著(訳)者:
渡辺 保
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
凡そ百年前の大正の始め頃、北海道の奥地は未開の地であった。
岐阜県から入植した青年開拓者の父は、息子に嫁をと画策した。
娘は父の懇願と、言葉を信じ会ったこともない人に、まして山奥とも
知らず嫁いだ。
あまりにも実家と違い、人里離れた秘境での自給自足と、過酷な
開拓の労働に耐えた。
二年間の暮らしを追い綴った。
[(7104) 11333](ID:11018)
著(訳)者:
大久保久能
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
 前方後円墳は不思議な形をしているが実は親の古墳に向かって順に造られた(写真-事実-発見)。表紙はGoogle航空写真で、誰でも天皇家の初期8朝を確認できる。空撮すればNHK1時間以上のビッグニュースとなれるし教科書も変わるでしょう。古代人が何を考えたかが重要で、昨年、研究・評論部門1次選考で落ちたので「小説部門」で出品することにした。
 表紙の美しさもグラフィックだし、どこの現地でも確認すると大当たりしたり筆者の発見記でもある。ということで内容をもった推理小説ともい... 続きを見る
[(7103) 11332](ID:11017)
著(訳)者:
中井 圭次
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
倒産者が、慚愧の境をいかに脱し、いかに「卯案れ変わり」を実現していくか、
その標準的手法の考案。
倒産に至る自身の問題点を「我(有・我・我体」とし、事業経営の取り組みを
その脱却としての「同自」において考える。
四国歩き遍路、瞑想、コスモスセラピー、内観修行の実体験を昇華させ、そこに得た
仏教に基づく実践論。
[(7102) 11326](ID:11011)
著(訳)者:
芳賀 町子
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
闘病生活30年、心筋梗塞と腎不全と闘いながらも海外旅行や山登りを
楽しんだ夫婦と子供に家族史。
中でも人工透析液を大きなかばんに詰め込んで巡った中国内モンゴルや
南アルプス登山は闘病家族の一つの考え方を示す。
夫婦の出会いから69歳dせの夫の死まで曲折を乗り越えて生きた二人の
生きざまは涙せずに読めない。
[(7101) 11325](ID:11010)
著(訳)者:
秋山 武
分類:
(02)個人誌部門
内容紹介:
自民党県連と歩んだ40年の半生記。
国政・知事選を巡る分裂劇を事務方の目線で描写。
事務局長時代、郵政選挙で党公認で比例名簿に登載され次点を経験。
民営化反対の候補を党紀違反覚悟で県連が公認。
党本部は「刺客」を投入。
県連組織は長期に亘り混乱し、衆・参国会議員は不在の事態に。
崩壊の危機から再建への奮闘記録。
[(7100) 11324](ID:11009)
著(訳)者:
北谷ゆり
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
(巻末より)
素晴らしい絵、作品の掲載をさせてくれた皆様に、深く感謝をします。
頂戴したお代を、動物保護活動をされている方々に寄付する意向であります。今日もいい一日です。
[(7099) 11315](ID:11000)
著(訳)者:
だんじり彫刻研究会
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
本書は、岸和田の彫刻文化を、その源流まで遡って紹介した初めての本です。全国的に有名な岸和田祭(大阪府岸和田市)。そこで曳かれる地車(だんじり)には、日本神話、源平合戦、太平記、太閤記などの歴史物語に取材した精細で躍動感あふれる彫物が施されています。その彫刻技術は日本屈指と言われており、現在も岸和田および周辺域で多くの彫刻師が活躍していますが、その系譜の一つが淡路島であることはあまり知られていません。

本書では、100点以上の写真と図表を用いて、岸和田と淡路で育まれ... 続きを見る
[(7098) 11314](ID:10999)
著(訳)者:
松岡由香子
分類:
(07)グラフィック部門
内容紹介:
1985年5月 スイスのジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)より、顕著な功績を残した看護師に与えられる世界最高の栄誉「フローレンス・ナイチンゲール記章」を沖縄県の出身者としてはじめて授与された女性がいました。
彼女の名前は眞玉橋ノブ。
1945年の沖縄戦に「ひめゆり女学徒隊」を率いる看護婦長として従軍したノブは、傷病者の救護看護に不眠不休で献身し、激しい戦渦を冷静沈着に行動しながら常に周囲を励まし続けました。また戦後復興までの長い道のりにおいては、類まれな博... 続きを見る
[(7097) 11313](ID:10998)
著(訳)者:
篠原 孝一
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
今日、過労死状態である小中学校教師、とくに小学校教師の多忙の実情を、体験を基に、
具体的に記述した。
そして、多忙の原因、結果、影響、対策を、これまた、学校、教師、子どもの視点で考察した。
現場からの訴えとして、私見では、比肩できる類書は存在しない。
私が数十年体験し、考えてきたことのまとめである。
[(7096) 11310](ID:10995)
著(訳)者:
太田原 和橆
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
敗戦の翌年、防疫に必要なワクチンを製造する化血研を創設した太田原豊一の
写真アルバムには、米国人3名を含む8名が浴衣で正座した奇妙な宴会の写真が
あった。
これは昭和22年夏一見些細な事件から発した太田原の退任と事業所閉鎖の危機の
謎を、筆者(豊一の孫)が同写真に導かれるように解明しようとした記録である。
[(7095) 11307](ID:10992)
著(訳)者:
杉本武ほか
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
「唐人お吉」に間違われた少女写真の謎に迫る歴史漫画です。
舞台は幕末の横浜。日本初のグラビアアイドル誕生には3人の西洋人写真家が関係していました。黄金の国ジパングでひと旗上げようとした男たちの栄光と挫折。
史実に基づいた人間ドラマを外国人居留地研究の第一人者・斎藤多喜夫先生監修の下、作り上げました。
デートスポット横浜みなとみらいで、その昔どのようなことがあったのかを若い世代にも、ぜひ知っていただきたいと思います。
[() 11302](ID:10987)
著(訳)者:
安茂 興人
分類:
(04) 文芸=エッセイ部門
内容紹介:
英会話がきらいで苦手な筆者が、出来ないため、
会社や社内エリートから見下されるのに発奮し、外資への挑戦まで
して身に付けた苦労話
[(7094) 11291](ID:10976)
著(訳)者:
二宮 龍也
分類:
(05) 文芸=詩歌部門
内容紹介:
全詩を次の5章に分けてある
1、地球人
2、コーヒーを飲と
3、涙を拾いにやってきた
4、いつかずっと
5、ゆず
全58編あります。
日常生活で感じたことを綴りました。
1つは自然の瞬間をとらえたもの。
もう1つは、物語性のあるもので書いています。
[(7093) 11290](ID:10975)
著(訳)者:
敷田志郎 敷田千枝子
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
幻の技法「截金」を蘇らせた
加賀出身、希代の芸術家
その人生に迫る渾身の一作
巻頭カラー頁:西出大三作品8点
付録1 〔西出大三作品一覧〕
付録2 〔西出大三年譜〕
[(7092) 11289](ID:10974)
著(訳)者:
村上 邦治
分類:
(06)研究・評論部門
内容紹介:
千家尊福は若くして出雲大社宮司・大教正西部官長を務め、
祭神論争では伊勢派と激突後出雲大社教を創設した。
神道家である。
伊藤博文の推挙により政治家に転身貴族院木曜会領袖として博文を
支え、埼玉・静岡・東京府各知事を歴任司法大臣となった。
歌人や「一月一日」作詞の顔を持つ多彩で波乱に満ちた人物の
本邦初評伝。
[(7091) 11288](ID:10973)
著(訳)者:
佐藤 紫寿
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
ベネチアのブラーニ島に伝わるレース編みに込められた”海の魔女の力”を、
セイレンと漁師の伝説をモチーフに紡いだ「水色の家の魔女」、
引きこもりの息子とその両親との心温まるやり取りを描いた「静かで、とても幸せな一家」など、
5つの短編を収録した著者2冊目の作品集。
書名:FeIicidad
[(7090) 11287](ID:10972)
著(訳)者:
佐藤 紫寿
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
第25回新潟日報文学賞小説部門受賞作品を加筆訂正した
短編「藍靛創」をはじめ、人間としてのキリストの素顔を一弟子の視点から
描いた「水辺に献ぐ」、
雪山で春を待つフキノトウと朱鷺の出会いと別れの物語「空に吹く」など、
8つの短編を収録した著者初の小説集。
[(7089) 11286](ID:10971)
著(訳)者:
羽田 光夏
分類:
(05) 文芸=詩歌部門
内容紹介:
全盲のロック詩人・羽田光夏(はねだひか)の第一詩集。

おもに10代のころに書いた作品がおさめられている。長年の人と、世界と「つながりたい」という思いが軽快なリズムでつづられており、ともすれば内向きになりがちな令和の時代の10代、元10代におすすめの1冊!
書名:Q
[(7088) 11284](ID:10969)
著(訳)者:
武田 マイカイ
分類:
(03) 文芸=小説部門
内容紹介:
『Q 』は、おそらく世界初、IP(の物語)しかない書籍です。
話を膨らませるのではなく削り尖らせました。
これまでにない読書体験を味わえるかと思います。
[(7087) 11283](ID:10968)
著(訳)者:
藤原 益栄
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
多賀城は奈良から平安時代にかけ陸奥国府が置かれ11世紀中頃まで東北の政治、軍事、文化の中心地として栄えた土地である。2024年には「多賀城創建1300年」を迎える。その多賀城を歳時記「春夏秋冬」に区分し、さらに「二十四節期」毎に編集するという年代順に書かれた、これまでの歴史・郷土史とは異なる斬新な構成となっている。
[(7086) 11282](ID:10967)
著(訳)者:
佐藤 和賀子
分類:
(01)地域文化部門
内容紹介:
2014年に創立100周年を迎えた坂総合病院の前身であり、源流である私立塩釜病院開設者、坂定義氏の生涯と業績を詳述したうえで、現在の坂総合病院の医療活動に脈々とつながる坂定義氏の人物像を描いています。医療と坂総合病院関係者のみならず地域でも評価される一冊です。

画面トップへ

Copyright © NPO法人日本自費出版ネットワーク ALL Rights Reserved.